資金繰り改善方法|福岡ファクタリングサービスの富士桜フィナンシャル

資金繰り改善方法

2020年08月12日 【 つなぎ資金売掛金ファクタリングサービス

みなさん、こんにちは。富士桜フィナンシャルです。

本日は、何度も取り上げているかと思いますが、資金繰り改善の方法についてお話したいと思います。

資金繰りは会社経営にとって最も需要なことであるといっても過言ではありません。どんなに利益があがっていても資金ショートになれば最悪、黒字倒産、事業停止になってしまいます。

資金繰り改善の原則は「入金を早く、支払を遅く」です。これは誰でも理解できると思います。では具体的にはどうしたらよいのか。

・取引先との交渉

これは取引先との交渉になりますが、支払いサイトの交渉が成功するか否かは、取引先との力関係によって変わってきます。「是が非でも、貴社と取引を継続したい。」と取引先が思ってくれているのであれば、要望を呑んでくれる可能性が高いのですが「貴社じゃなくても、発注先はいくらでもあるから。」と取引先が思っていれば、要望を呑んでくれる可能性は低いのです。つまり貴社がなくてはならない魅力的な存在になる必要があります。

・前受金の導入

支払いサイトを早める最善の方法が「前受金」です。先に入金があれば、「入金後の支払い」になるのですから、資金繰りは改善するどころか、受注が増加するほど、資金繰りが改善します。しかしなかなか導入は難しいですよね。そこは競合優位性の高い商品をつくるしかありません。その商品やサービスだけは「前受金前提の商品」にしてしまえば良いのです。それが出来れば苦労はしないよと言われそうですが・・・

・特別サービスをつける

例えば前受金を導入するために、特別サービスをつけて取引先に通常払いか前払いかの選択肢を与える方法もあります。前払いをしてくれれば値引きする又はサービス品をつけるという感じですね。あきらめずに様々なプランを考えてみましょう。

外注先、仕入れ先と交渉して、支払いサイトを長くする。

もちろん、取引先も資金繰りは気にしていますから簡単には協力してくれません。ここでも付加価値、サービスをつけるという方法になります。また資金繰りに余裕のある取引先を見極めて交渉するという方法もあります。

更に取引先との力関係にもよりますが、この支払サイト条件を承諾してくれるのであれば御社に取引先を切り替えるよという提案もあるかもしれません。

・経費はカード払いにする

カードは大体30日~60日後の支払になりますので、経費関係はカード払いに集約することです。

他にも、遊休資産の売却、在庫管理などの方法もあると思いますので、いろいろと知恵を出して考え、実行することが重要だと思います。

最後に喫緊で資金調達が必要な場合はファクタリング(売掛債権の売却による早期の資金化)も検討してください。

その際には弊社、富士桜フィナンシャルにもご相談ください。全国からも幅広くお問い合わせを頂いております。ご多忙の方のために出張も行っております。「顧客第一主義」でお客様のお役に立てればと思っていますので、よろしくお願いいたします!

========================
「ファクタリング比較コンシェル」様に紹介されました!
https://xn--bck2ad3dwftfrcv602edgyc.biz/) 
インタビュー記事はこちら
https://xn--bck2ad3dwftfrcv602edgyc.biz/interview/interview-fujisakura/

========================

ファクタリングサービスの富士桜フィナンシャル

東京オフィス:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー18階

大阪オフィス:大阪府大阪市中央区北久宝寺町3-6-1 本町南ガーデンシティ7階

福岡オフィス:福岡県福岡市中央区天神1丁目9-17 福岡天神フコク生命ビル15階

北海道オフィス:北海道札幌市中央区南2条東2丁目16番地 堀尾ビル2階

電話:0120-484-844(受付9:30~18:30)

定休日:土日祝

;