コロナ禍で注目される資金調達手段、ファクタリングだからこそ、偽装ファクタリングに注意が必要!|福岡ファクタリングサービスの富士桜フィナンシャル

コロナ禍で注目される資金調達手段、ファクタリングだからこそ、偽装ファクタリングに注意が必要!

2021年12月13日 【 福岡ファクタリング大阪ファクタリング東京ファクタリング北海道ファクタリング即日ファクタリングのメリット資金調達企業経営融資個人事業主ファクタリングサービス

みなさん、こんにちは。富士桜フィナンシャルです。

 

今回は、コロナの影響で注目を集めているファクタリング。しかし、その反面、偽造ファクタリングも増えている状況があり、今回は、そのあたりの現状をお伝えしていきます。

 

コロナ禍のもと、事業者が苦しんでいるものの大きな1つが資金繰りになります。そんな中、金融機関からの融資に代わり、スピーディーかつ信用が小さくても利用しやすい「ファクタリング」が注目されています。(気になる方は、前回の記事を参照)どんなメリットがあり、何に注意しなくてはいけないのか…。そのあたりの具体邸などもあげ、今回はお伝えしていきます。

 

 現在、コロナ禍のもとで、多くの事業者が、自らの事業を運営させるうえでの血液ともいうべき運転資金の確保に、ご苦労されていると思います。こうした需要に対する資金供給手段としては、まず、政府系を含む金融機関からの融資があげられます。 しかし、金融機関の場合は、事業者から融資の申し込みがあっても融資の可否の審査に月単位の時間を要し、緊急な資金需要には応えきれないことが多いと思います。

また金融機関は、融資の内容により当然融資を実行しないことを選択もありえます。つまり、業容が大きくない事業者の場合、融資を受けられる蓋然性が低いことになってしまいます。加えて、創業から間がない事業者が金融機関に融資を申し込んでも、複数期の決算書等を求められるため、結局申し込み自体を断念せざるを得ないことになります。   

このように、金融機関からの融資は、実行までに時間がかかるほか、中小事業者やスタートアップは対象になりにくいという問題が、残念ながらあり、多くの経営者様もご経験のある内容とは思います。   

次に、貸金業者からの資金調達の場合、日本貸金業協会によると、貸金業者(消費者向けを含む)の数は、総量規制の導入、出資法上限金利の引き下げ、利息返還請求の急増により、20073月の11832社から193月には1716社と12年間で7分の1にまで減少してきている状況です。

さらに、このように大きく減少した貸金業者のうち事業性融資を行っている先はかなり限定的であると言われており、事業者が貸金業者から運転資金を速やかに調達することは容易ではない状況にあると考えられます。このように、事業者が必要運転資金を調達しようとする場合、金融機関や貸金業者では速やかに資金を手にすることは難しいケースが少なくないことになる。

 

こうした中で、近年、特に中小事業者の資金調達手段として注目を集めているのが、ファクタリングとなるわけです。

 

偽装ファクタリングに注意

 

このようにファクタリングは、特に中小事業者にとって有益な資金調達手段であり、実際にファクタリング業者を選定する際には注意が必要になります。というのは、最近は悪質な業者が二者間ファクタリングを装った、いわゆる偽装ファクタリングを手掛けており、こうした業者と取引を行った事業者に被害が生じている事例が散見されているからです。   

偽装ファクタリングは、ファクタリング業者が事業者から売掛債権を買い取る通常の二者間ファクタリングとは異なり、資金回収の責任を事業者に負わせる取引であることが多い。   つまり、偽装ファクタリングは、売掛先の支払い不能リスクを負っていない(償還請求権あり)ことになり、実質的には売掛債権担保融資と見なし得るものであるといえます。一方、通常の二者間ファクタリングでは、ファクタリング業者は売掛先の支払い不能リスクを負担している(償還請求権なし)。   

また、偽装ファクタリングでは、業者が威迫的な取り立てを行ったり、高額な手数料を設定したりするといった事例もみられおり、そこをしっかり見極めて契約をしないと、会社にとって不利益な形になってしまいます。この為、事業者が二者間ファクタリングを利用しようとする場合には、事前に、ファクタリング業者の情報を集めるなどによって、偽装ファクタリングでないことを確認する必要があり、その際に少しでも不審に感じた場合には、金融庁などに相談することも有用な手段になります。

 

ファクタリング市場の拡大に伴い、金融機関との連携が進む新たな時代に突入

 

ファクタリングは特に中小事業者にとっては有益な資金調達手段であり、ファクタリング市場がより拡大していけば、中小事業者の資金繰りの安定化等につながっていくとして、注目度と合わせ、ご利用をいただく企業様も増えていっております。   

各ファクタリング業者は、ファクタリングのメリットをより多くの事業者に認識いただくよう努めているが、それに加えて、金融機関と連携するかたちでも事業者へのファクタリングの提供を進めています。連携することで、金融機関にとっては、これまで融資の対象としにくかった中小事業者やスタートアップに、ファクタリングという資金調達手段を提供することになり、将来的に当該事業者が成長して業容が大きくなった際には融資等の取引拡大を見込むことができるというメリットがあり、地域の事業者に必要な資金を提供することは、地域経済の活性化につながっていくものであることも金融機関にとっては利点となるという背景があるようです。

 

また、事業者にとっては、金融機関と連携しているファクタリング業者であれば安心して利用でき、ファクタリングという資金調達の選択肢も増えるという点が大きなメリットとなります。さらに、ファクタリング業者にとっては、ファクタリング市場の拡大につながるという利点となります。以上のように、金融機関との連携によるファクタリングは、金融機関・事業者・ファクタリング業者のすべてに有益な、いわば「三方よし」の取り組みとなります。

今後、ファクタリング業者と金融機関との連携は、ますます拡大していくと考えられています。   ただし、事業者がファクタリングを利用する際には、偽装ファクタリングという悪質な業者の存在を認識したうえで、そうでない業者との取引を行うことが必要であるので、それなりの知識、情報を得てからご依頼することが望ましいと思います。

 

「電子契約書」「ネット審査」などで、よりスピーディーな対応可能なファクタリン

 

◯オンライン上で審査〜振り込みが完了する 

電子契約書ファクタリングではファクタリングの全工程がオンラインで完了します。これまでのファクタリングでは面談や出張が必要でしたが、IT技術の発達によって本人確認や与信管理などもオンラインで可能になりました。また、請求書を写真でアップロードしたり、ポートフォリオを審査に活用したり、面倒な書類や資料の提出が不要になりました。 

一般に必要書類が多いと言われる金融サービスの中でもかなり簡単に契約ができるサービスであると言えるでしょう。

 

◯電子契約書ファクタリングは振込までの時間が早い【最短5時間で完了】 

電子契約書ファクタリングなら訪問や出張が必要ないため、その分審査に必要な時間が短くなります。できるだけ人力を使わずに審査を完了させるので、手間も大幅に軽減。電子契約書ファクタリングを使えば入金スピードが早くなるので、今後電子契約書などでのオンラインファクタリングは主流になっていくでしょう。

 

そういった背景を踏まえ、当社では、ファクタリングのメリット、デメリットをしっかりと把握し、コロナでお困りの御社に適切なファクタリングをご提案させていただきます。

さらに、ファクタリングで断られることも多々ある個人事業主にも、経営が不安定な事業・企業様にも、その内容に応じて、ご相談にのり、ファクタリングを実施ししております。

単にファクタリングのみのサービスを提供するのではなく、事業の内容から資金繰りのところまでをお客様と共有し、長くおつきあいをしていきたいと考え、常にサービスを提供しております。

さらなる質を高めたサービスを提供し、他の資金調達はもちろん、他のファクタリング会社と比較いただいても、優位性を感じていただける商品開発、サービスをしてまいります。弊社では【富士桜フィナンシャル東京オフィス】【富士桜フィナンシャル大阪オフィス】【富士桜フィナンシャル福岡オフィス】【富士桜フィナンシャル北海道オフィス】と、全国のお客様の要望に応えるべく、各主要都市にオフィスを構え、4つのオフィスでの情報を共有し、そこで収集した弊社独自の情報を元に、最適な“コンサルティング業務”をお客様に提供しております。

そして、着金まで、最短わずか5時間で対応する電子契約書を導入し「スピード」かつ「手軽さ」にも対応する、全国対応型のファクタリング会社です。

 

全国からも幅広くお問い合わせを頂いております。ご多忙の方のために出張も行っております。「顧客第一主義」でお客様のお役に立てればと思っていますので、よろしくお願いいたします!

 

新型コロナが猛威を振るう中で、中小企業やフリーランスの資金繰りを助けるファクタリングは注目されています。ファクタリング業界全体としても成熟してきており、詐欺などを行う業者などは淘汰されてきています。資金繰りに苦しんでいるときは安心してファクタリングのご利用をご検討いただき、弊社までお問い合わせください。

ファクタリングサービスの富士桜フィナンシャル

福岡本社:福岡県福岡市中央区赤坂1丁目11-19 赤坂ヤマノイビル3階

東京営業所:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー18階

電話:0120-484-844(受付9:30~18:30)

定休日:土日祝