銀行も注目する、今のファクタリングサービスとは?|福岡ファクタリングサービスの富士桜フィナンシャル

銀行も注目する、今のファクタリングサービスとは?

2021年09月29日 【 福岡ファクタリング大阪ファクタリング東京ファクタリング北海道ファクタリング即日ファクタリングのメリット資金調達個人事業主ファクタリングサービス

みなさん、こんにちは。富士桜フィナンシャルです。

 

ファクタリングに関する情報、記事を定期的に発信していますが、ここで改めてファクタリングについて、お話すると共に、今後のファクタリングの動向などをお話しつつ、ご利用いただくための情報として、今回の記事を活用いただければと思います。

 

「ファクタリング」とは、企業が持っている売掛金を買い取って現金化するサービスです。サービスを受ける企業にとっては、手数料を支払う代わりに売掛金をすぐに現金化することが可能で、資金繰りを安定させることが出来ますので、銀行の融資では間に合わない場合や、運転資金の繋ぎが必要な場合等でメリットがあるサービスになります。

 

メリット①:資金調達

事業を運営していると、仕入れや機材購入など、突発で現金が必要になることなども多いと思います。銀行融資を利用するほどではない場合や、時間があまりない場合、その他、融資などの審査に不安をお持ちの場合など、ファクタリングを利用して資金を調達いただけます。

 

  • 現金化までのスピードが速い

中小企業や個人事業主が資金調達について考える際、いくつかの選択肢があります。     

  • 銀行融資
  • 日本政策金融公庫からの融資
  • 地方自治体からの融資
  • ビジネスローンの活用
  • クレジットカードの活用
  • 知人や親族からの借り入れ

 

銀行や公的機関からの融資は審査申し込みから融資実行までに時間がかかり、用意する資料の量も多いです。また、審査が厳しく申し込んでも融資まで至らないケースもあるでしょう。 ビジネスローンはそれらに比べると審査はやさしく、すぐに入金される点が魅力ですが、お金を借りているため返済期間が設定され金利も支払う必要があります。  対して、ファクタリングは手元にある請求書(売掛債権)を売って現金化するため、手数料はかかりますが現金化までのスピードが速く、お金を借りる必要がない点も魅力です。

 

  • 保証人・担保不要

融資を受ける場合は、保証人や担保が必要なケースが多いですが、ファクタリングの場合は保証人や担保不要で現金化できる点もメリットです。 信用情報への影響  前述したように、ファクタリングは売掛債権の譲渡行為なので借金ではなく、信用情報に影響しません。

 

  • リスクの回避

通常は、商品やサービスを提供したら期日までに代金が支払われますが、何らかの事情で売掛債権が回収できないケースもあります。取引先の未払いや倒産など、様々な事情が考えられますが、万が一回収が困難になった場合、あらかじめファクタリングで保険をかけておくことで債権を現金化することができるのです。

 

ファクタリングの注意点

このように、リスク回避や資金調達として活用できる点がファクタリングの大きな魅力ですが、注意点もあります。

 

  • ファクタリングの仕組みを理解する

ファクタリングには「2社間」と「3社間」の2種類があり、「2社間」の場合は自社とファクタリング会社で完結しますが、「3社間」取引の場合は取引先にも合意を得る必要があります。

 

  • 債権は譲渡可能?必ず契約書の確認を

また、売掛債権を譲渡する前に、取引先との契約書に債権譲渡を禁止する条項が記載されていないか、必ず確認をしましょう。もし禁止されている場合は、債権を譲渡することはできません。

 

  • 手数料が発生する

ファクタリングを申し込む際は、必ず手数料についても確認をしましょう。一般的に2社間取引の場合は買取売掛金額の10%~30%、3社間取引であれば1%~5%の手数料が発生します。場合によっては、ビジネスローンを利用したり、機材購入の場合はクレジットカードを利用して購入した方が安上がりに済む場合もありますので、手数料も考慮した上でよく検討する必要があります。

 

カードローンの次は「ファクタリング」?

ファクタリングのこうした注意点などもあるが、それをも超えるメリットや、お客様のニーズが高まっていることを受け、銀行が「クラウドファクタリング」と呼ばれるファクタリングサービスに熱視線を送っている。

企業が取引先から代金を受け取る権利(売り掛け債権)を業者に売る「ファクタリング」を、オンラインの手続きのみで完結できるようにしたサービスだが、銀行融資などと比べてより早く現金を手にできるとして、新型コロナウイルスの影響で資金繰りに悩む中小企業の間でも利用が増えている。銀行側にとっては、人手をかけずに一定の手数料がとれるため、長引く超低金利環境下で期待がふくらむ。一方、サービスそのものに対して問題も指摘されている。

 

  • 中小企業の現金ニーズに対応

新生銀行が今年1月、オンライン完結型のファクタリング業者「OLTA(オルタ)」とともに、合同会社「anew(アニュー)」を立ち上げた。両社で10億円規模を出資し、主にサービス提供の部分をオルタが担い、資金面で新生銀が支える。新生銀の担当者は「オルタさんと一緒にやることで、勝つ可能性があると考えた」と話しているそうだ。

 

正直、今まではファクタリング自体に良い印象を持たれない経営者の方々も多かったことと思います。そして、実際に悪徳業者と呼ばれる会社も少数ではありましたが、実際にいたことは事実です。

しかし、ファクタリングというサービスのメリットと、その有効性は、このコロナの状況でより具現化され、お客様のニーズに合わせ、変化、拡大してきております。

 

当社でも、こうした背景から、着金まで、最短わずか5時間で対応する電子契約書を導入し「スピード」かつ「手軽さ」にも対応し、日々ニーズに合わせ、変化させてきています。

さらに、単なる業務に止まらず、ファクタリングのお客様の疑問、質問を丁寧にお答えし、御社の状況もしっかりと把握させていただき、適切なファクタリングをご提案させていただきます。ファクタリングで断られることも多々ある個人事業主にも、経営が不安定な事業・企業様にも、その内容に応じて、ご相談にのり、ファクタリングを実施ししております。

 

単にファクタリングのみのサービスを提供するのではなく、事業の内容から資金繰りのところまでをお客様と共有し、長くおつきあいをしていきたいと考え、常にサービスを提供しているのが、弊社【富士桜フィナンシャル】になります。

 

さらなる質を高めたサービスを提供し、他の資金調達はもちろん、他のファクタリング会社と比較いただいても、優位性を感じていただける商品開発、サービスをしてまいります。弊社では【富士桜フィナンシャル東京オフィス】【富士桜フィナンシャル大阪オフィス】【富士桜フィナンシャル福岡オフィス】【富士桜フィナンシャル北海道オフィス】と、全国のお客様の要望に応えるべく、各主要都市にオフィスを構え、4つのオフィスでの情報を共有し、そこで収集した弊社独自の情報を元に、最適な“コンサルティング業務”をお客様に提供している、全国対応型のファクタリング会社です。

 

全国からも幅広くお問い合わせを頂いております。ご多忙の方のために出張も行っております。「顧客第一主義」でお客様のお役に立てればと思っていますので、よろしくお願いいたします!

 

 

ファクタリングサービスの富士桜フィナンシャル

東京オフィス:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー18階

大阪オフィス:大阪府大阪市中央区北久宝寺町3-6-1 本町南ガーデンシティ7階

福岡オフィス:福岡県福岡市中央区天神1丁目9-17 福岡天神フコク生命ビル15階

北海道オフィス:北海道札幌市中央区南2条東2丁目16番地 堀尾ビル2階

電話:0120-484-844(受付9:30~18:30)

定休日:土日祝

;