年末調整とは。|福岡ファクタリングサービスの富士桜フィナンシャル

年末調整とは。

2019年12月6日 【 税金

みなさん、こんにちは。富士桜フィナンシャルです。

本日も12月に相応しい話題として「年末調整」についてお話したいと思います。

この時期になると会社の経理部門、人事部門はもっとも多忙な時期かと思います。また年末調整の時期でもありますよね。

会社員の方も家族移動届、保険料控除などを会社に提出すれば会社が年末調整をしてくれますので、特段、税務署に確定申告をする必要はないです。

・年末調整とは

会社員などの給与所得者は、源泉徴収として毎月の給料から所得税を天引きされています。しかし、所得税は1年間に得た所得の合計額をもとに計算されるので、1年が終わってみないと所得税の額は確定しません。

源泉徴収された所得税は概算の額なので、年間の所得税額と一致しないのが普通です。そのため、1年の終わりに年末調整という形で、所得税の過不足を計算、精算することになります。

・年末調整の対象は

年末調整の対象となる人は、年末まで会社に在籍している人です。しかし、12月に支給されるべき給与等の支払い後に退職した人や死亡退職した人、またレアケースですが年末に在籍していなくても年末調整の対象になる人もいます。会社員であっても給与収入が2,000万円を超える従業員については、年末調整はできません。本人が確定申告する必要があります。

なお、年末調整をするためには、給与所得者の扶養控除等申告書を提出していることが条件になります。給与所得者の扶養控除等申告書は、扶養控除などの諸控除を受けるために必要になる書類です。

基本的には会社の指示どおりにしておけば会社員の年末調整は会社が行ってくれますので、大丈夫です。その代わり会社の担当者は大変ですが。みなさんも速やかに年末調整を行いましょう。

以上、簡単ではありますが、「年末調整」のお話でした。

最後に会社の資金繰りに窮したら、ファクタリング(売掛債権の売却による早期の資金化)も検討しましょう。

その際には弊社、富士桜フィナンシャルにもご相談ください。福岡なら即日資金調達も可能です。九州エリア、福岡、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、山口、広島等の幅広いお客様からも資金調達のお問い合わせを頂いております。また、東京、大阪、名古屋を中心として全国対応も行っておりますし、ご多忙の方のために出張も行っております。「顧客第一主義」でお客様のお役に立てればと思っていますので、よろしくお願いいたします!

 

ファクタリングサービスの富士桜フィナンシャル

東京オフィス:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー18階

大阪オフィス:大阪府大阪市中央区北久宝寺町3-6-1 本町南ガーデンシティ7階

福岡オフィス:福岡県福岡市中央区天神1丁目9-17 福岡天神フコク生命ビル15階

北海道オフィス:北海道札幌市中央区南2条東2丁目16番地 堀尾ビル2階

電話:0120-484-844(受付9:30~18:30)

定休日:土日祝

;